コンテンツにスキップする

ウィーワーク創業者、新興企業ピーチストリートへの追加出資で協議

  • ニューマン氏のファミリーオフィスは昨年7月に初めてピーチに出資
  • 400万ドル相当の転換社債の一部取得に向け交渉とスターンCIO

シェアオフィス事業を展開する米ウィーワークの共同創業者アダム・ニューマン氏のファミリーオフィスが、住宅ローンのサービシング(貸し付け管理)事業を手掛けるスタートアップ企業ピーチストリートへの追加出資を巡り協議している。

  ニューマン氏の「166 2nd」を含む投資家グループは、400万ドル(約4億3000万円)相当の転換社債の一部取得に向け交渉しているとファミリーオフィスの最高投資責任者(CIO)を務めるイラン・スターン氏が明らかにした。ピーチはソロス・ファンド・マネジメント出身でスターン氏の元同僚、アンドルー・ワン最高経営責任者(CEO)が率いている。

Adam Neumann

アダム・ニューマン氏

写真家:マイケル・ネーグル/ブルームバーグ

  事情に詳しい複数の関係者によれば、ジェフリーズ・ファイナンシャル・グループも転換社債を一部保有するため協議を進めている。交渉が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に明らかにした。ピーチとジェフリーズの担当者はいずれもコメントを控えている。

  166 2ndはジェフリーズやカイロス、ジグ・キャピタル、ソロスなどと同様に、ピーチが昨年7月に行った320万ドル規模のシードラウンドに参加していた。ソロスの担当者はコメントを控えた。

原題:
Adam Neumann in Talks to Put More Cash into Startup Peach Street(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE