コンテンツにスキップする
Photographer: Christopher Pike/Bloomberg
cojp

ホルムズ海峡の原油輸送にリスクない、破局ない限り-UAE石油相

The Burj Khalifa skyscraper, center, towers above commercial and residential properties in Dubai, United Arab Emirates, on Tuesday, July 23, 2019. Like the rest of the city, the business center has suffered from a prolonged real-estate slump brought on by oversupply and slower economic growth.
Photographer: Christopher Pike/Bloomberg

アラブ首長国連邦(UAE)のマズルーイ・エネルギー相は8日、イラクにある駐留米軍基地をイランが攻撃したとの報を受け、UAEとしては中東地域の緊張がさらにエスカレートしないことを望むと語った。

  同エネルギー相は原油市場について、「市場には十分に供給が行われており、そうなるとは考えないが、破局的エスカレートがない限り、われわれは供給の不足を予想しない」と発言した。

  エネルギー相はその上で、石油輸出国機構(OPEC)はグローバルな需要を満たすことができると述べ、ペルシャ湾岸諸国からの重要な石油輸送路であるホルムズ海峡に対するリスクはないとの認識を示した。

原題:U.A.E. Hopes No Escalation After Iran Hits Iraq-U.S. Bases (1)(抜粋)

      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE