コンテンツにスキップする

米連邦航空局、ペルシャ湾岸地域の民間飛行を制限

米連邦航空局(FAA)は7日夜、イラクとイラン、ペルシャ湾とオマーン湾の上空を対象に民間の飛行を禁止する新たな制限を発令した。

  米軍が駐留するイラク国内の空軍基地を標的にしたイランのロケット弾発射を受け、FAAが電子メールで声明を発表した。FAAはこれまでも対象地域のほとんどについて米航空各社の飛行を禁止してきている。

原題:U.S. Restricts Flights Over the Persian Gulf After Rocket Attack(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE