コンテンツにスキップする

トランプ大統領就任式実行委の寄付者、司法妨害で有罪認める意向

トランプ米大統領の資金集めに貢献したイマード・シャー・ズベリ被告は、自身の行為に関する連邦当局の調査を妨害した罪を認めると弁護士が明らかにした。同被告は仲間の献金者への小切手の日付をごまかし、電子メールの証拠を削除したとして検察当局から指摘されていた。

  ズベリ被告は7日、マンハッタンの連邦検察当局から司法妨害の訴因で起訴された。

  弁護士のデービッド・ケリー氏は、ズベリ被告が司法妨害の罪で有罪を認めることに同意しており、現在居住するロサンゼルスの裁判所の管轄に移すよう求めていることを明らかにした。

  ロサンゼルスでの以前の裁判でズベリ被告は、2012ー16年に100万ドル(現在のレートで約1億800万円)近い違法な選挙献金を行った罪を認め、米政府にロビー活動する外国人のために行った仕事を隠したとの指摘も肯定していた。移管が認められれば、カリフォルニア州でさらに審理が行われることになる。

原題:Trump Inaugural Committee Donor to Plead Guilty to Obstruction(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE