コンテンツにスキップする

イラク駐留米軍を標的としたイランの攻撃を確認-米国防総省

米国防総省は7日、イランが米東部時間午後5時半(日本時間8日午前7時半)ごろ、イラクに駐留する米軍および有志連合の軍隊を標的に十数発余りの弾道ミサイルを発射したとする声明を発表した。

  同省はイランの攻撃について、アルアサド、エルビル両基地を標的としたものだとし、「戦闘被害の初期評価」を行っていると説明した。

  その上で、同省として「状況や米国の対応を検討するとともに、地域における米国の人員およびパートナー、同盟国の保護・防衛のためにあらゆる必要な措置を講じる」とし、新たな情報を入手すれば引き続き提供するとした。

    原題:
    Pentagon Confirms Iran Launched Attacks on U.S. Targets in Iraq(抜粋)

        最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE