コンテンツにスキップする

自動車が「情報のドル箱」に-走行中に集めるデータ、CESで脚光

From
  • 自動車メーカーは車から得られるデータを自ら管理したい考え
  • インテルはBMW車の走行中に得た情報で作成した詳細な地図を公表

デジタル技術見本市「CES」はこれまで長い間、自動車メーカーにとってはショールームであり、テクノロジー企業は自動車メーカーへの売り込みの好機として捉えていた。今年のCESでは双方の取り組みから生まれた副産物に注目が集まっている。付加価値が高まり続けるデータだ。  

  今の新車はカメラやレーダー、マイクを備え、スマートフォン接続機能や強力なプロセッサー、高性能センサーを搭載し、買い手に引き渡される。データの宝庫であるスマホに匹敵する次の「情報のドル箱」とされているのが自動車だ。

relates to 自動車が「情報のドル箱」に-走行中に集めるデータ、CESで脚光

フォード・モーターはアジリティ・ロボティクスのデリバリーロボット「ディジット」を採用した最初の顧客

  米ネバダ州ラスベガスで開催中のCESにはアマゾン・ドット・コムやインテル、クアルコム、ブラックベリーが参加。新たな収入源とビジネスモデルを模索している自動車業界にデータの高速処理サービスや提携を提案する。

  IHSマークイットの自動車技術アナリスト、ブライアン・ローデス氏は「こうしたデータが収益化され得る手段が軸となる次の大きな業界変化をCESは浮き彫りにするだろう。この市場はもはやハードを売ることだけが焦点ではない」と指摘した。

relates to 自動車が「情報のドル箱」に-走行中に集めるデータ、CESで脚光

フィスカーのEV「オーシャン」

  自動車メーカーは車から得られるデータを自ら管理することで、大手ハイテク企業に取り残される状況を避けたい考えだ。ソフトウエアに詳しい人材が不足し、既にスマホや関連技術で浸食されている自動車業界にとっては大きな挑戦となる。

  日産自動車BMW、フォルクスワーゲン(VW)と連携しているインテルは、モービルアイ部門向けの新たな自動車関連の提携をCES開催中に発表する。自動車メーカーはモービルアイの運転支援技術を活用し、走行中にカメラや半導体、センサーが集めたデータの一部を同部門に提供する。

  モービルアイは詳細な地図の作成を目的にこうした匿名情報を集計。地図は自動車メーカーが車のナビゲーションシステムの精度を上げるために使われる。CESでインテルは、ラスベガス周辺を走行したBMW車から得られた情報を基に24時間で作成された地図を公表した。

Ford Mustang Mach-E Electric SUV Reveal Ahead Of Los Angeles Auto Show

フォードのSUV「マスタング マッハE」

原題:
Amazon, Intel and Ford Chase Automotive Data Dollars (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE