コンテンツにスキップする

マコネル米上院院内総務、大統領弾劾裁判の条件設定で十分な票確保

  • 民主党が求める裁判開始前の新たな証人招致の合意を拒否へ
  • ボルトン氏は証言に前向きも、マコネル氏の共和党の票掌握揺るがず

マコネル米共和党上院院内総務は7日、トランプ大統領弾劾裁判の条件を民主党の協力なしで設定する十分な票を確保したことを明らかにした。民主党が求める裁判開始前の新たな証人招致の合意を拒否できそうだ。

  共和党上院議員との昼食会後にマコネル氏は、弾劾裁判の開始後に下院弾劾マネジャーと大統領の弁護団の主張を聞き、この段階が完了するまで証人に関する判断を先送りする上で必要な票を固めたと説明した。

Pelosi, McConnell Open 2020 With Stare-Down Over Trial for Trump

マコネル共和党上院院内総務

写真家:アンドリュー・ハラー/ブルームバーグ

  弾劾裁判のルールは上院(定数100)の単純過半数で設定でき、共和党は53票を有する。マコネル氏はペロシ下院議長が下院で昨年末に承認された2件の弾劾条項を上院に送付する行動を今週取ることを期待すると述べた。

  ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が証言に前向きな姿勢を示しているほか、ウクライナ軍事支援の留保に大統領が直接関与したことを示す電子メールが最近リークされたものの、マコネル氏による共和党の票掌握は揺らいでいない。

  民主党はボルトン氏ら政権当局者を証人として招致するよう求めているが、マコネル氏は7日、上院は1999年のクリントン大統領(当時)の弾劾裁判と同じ手続きを踏む考えをあらためて示した。

原題:McConnell Says Republicans Have Votes to Set Trump Trial Terms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE