コンテンツにスキップする

イラン、米軍駐留基地にミサイル-トランプ政権の反撃招く恐れ

更新日時
  • 司令官殺害受け「自衛のため相応の措置取った」とイラン外相
  • 被害状況を調査中、8日午前に声明を発表-トランプ米大統領
relates to イラン、米軍駐留基地にミサイル-トランプ政権の反撃招く恐れ

Photographer: Scott Eells

relates to イラン、米軍駐留基地にミサイル-トランプ政権の反撃招く恐れ

Photographer: Scott Eells

イランはバグダッド時間8日未明、米軍とイラク軍が共用するイラクの空軍基地に十数発のミサイルを発射した。米軍によるイランの革命防衛隊精鋭部隊のソレイマニ司令官殺害に対する最初の報復であり、トランプ米政権の反撃を招く可能性がある。

  革命防衛隊はウェブサイトで攻撃を明らかにした。米国防総省によれば、ミサイルはイラン国内から発射された。米当局者2人の話では、発射されたミサイルは計15発で、そのうち10発がイラク西部のアル・アサド基地とエルビルの施設に、1発がバグダッド近くのタジ基地に着弾した。4発は標的を外れたという。

Iran Retaliates

Two U.S.-Iraqi airbases faced a series of Iranian rocket attacks Wednesday

Source: Bloomberg

  イランの最高指導者ハメネイ師はテレビ放映された演説で、米国に「強烈な報復」を行ったとし、中東における米国のプレゼンスは終わらなければならないと述べた。ザリフ外相はツイッター投稿で、ソレイマニ司令官殺害を受け、政府は「自衛のための相応の措置を完了した」と説明。「われわれはエスカレートや戦争を求めていないが、いかなる武力攻撃に対しても自衛する」と強調した。

  トランプ大統領はツイートで「全ては問題ない!」「今のところ順調だ」とし、被害状況の調査を続けているとコメントした。また8日午前に声明を発表するとした。

  トランプ大統領はイラクの基地へのミサイル攻撃の後、ホワイトハウス地下の状況分析室に移動。ペンス副大統領、ポンペオ国務長官、ミリー統合参謀本部議長、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)が加わった。

  ホワイトハウス当局者が匿名で明らかにしたところでは、当初はこのミサイル攻撃は米国の激しい報復を招かない形式的なものとの見方だったという。

  一方、8日午前のテヘランでは、一般のイラン市民がツイッターで戦争の不安に言及するなど、今後を心配する様子がうかがわれた。

米株価指数先物が下落、原油先物は急伸

  イランによる攻撃を受け、米株価指数先物は下落。S&P500種株価指数先物は一時1.7%安を付けた。安全資産が買われ、金はいったん2013年以来の高値、ニューヨーク原油先物は1バレル=65ドルを突破したがその後、上げ幅を縮小した。

  ワシントン近東政策研究所のマネジングディレクター、マイケル・シン氏は、「イランからの米軍へのミサイル攻撃は深刻なエスカレートだ」とし、このような攻撃は「結果にかかわらず、単なる象徴とも体面を保つものとも見なすことはできない」と指摘した。

  米国の対応の規模は、この攻撃による損害の程度と米国人死傷者の有無に大きく左右される可能性がある。中東でのイランによるものとみられる過去の攻撃でも、米市民の死者がなかった場合、トランプ大統領は報復を自制してきた。しかし今回、イランが米軍基地を標的に攻撃したと直ちに明らかにしたことから、何らかの報復が行われる可能性は比較的高い。

  カーネギー国際平和財団(CEIP)のシニアフェロー、ジャレット・ブランク氏は「次の疑問は米国がこれに反応ないし過剰反応するかだ」と語った。

  米国防総省は、この2週間の緊張激化を受け、各基地が既に警戒態勢に入っていたと説明。イランの短距離弾道ミサイル保有数は中東で最多とみられている。中東に数多く存在する米軍施設と米外交施設がイランによる報復の標的と見なされる可能性がある。
  
  国防総省は声明で「状況と対応を検討しており、中東地域の米国民とパートナー、同盟国を守り保護するために必要なあらゆる措置を講じる」とした。

  イランの革命防衛隊は、ソレイマニ司令官に対する先週の攻撃を受けて、さらなる対抗措置が講じられるだろうとし、「われわれは大悪魔の米国に対して、全ての動きにはより多くの痛みと破壊を伴うだろうと通告する」と表明。今回の攻撃を「殉教者ソレイマニ」作戦の開始と呼んだ。

  AP通信によると、殺害されたソレイマニ司令官の7日の葬儀に参列した革命防衛隊のサラミ司令官は、米国が支援する場所を「炎上」させると警告していた。

  またイラン最高安全保障委員会のシャムハニ事務局長は、同国が米国に対して13の報復シナリオを検討していると表明していた。ファルス通信が報じた。

原題:Iran Retaliates With Missile Strike on U.S.-Iraqi BasesIran Retaliates With Missile Strike on U.S.-Iraqi Bases (1)(抜粋)

(最高指導者ハメネイ師の発言を第3段落に加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE