コンテンツにスキップする

ゴーン被告逃亡劇、ルノーと日産の関係修復努力妨げる恐れ-仏高官

  • ゴーン被告、8日の会見で自身の逮捕への日産の関与巡り同社非難か
  • ゴーン被告の会見はルノーと日産の相互不信を再燃させる恐れ
カルロス・ゴーン被告

カルロス・ゴーン被告

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

カルロス・ゴーン被告

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告の日本からの逃亡は、フランスの自動車メーカー、ルノーによる日産との関係修復努力を妨げる恐れがあると仏高官は述べた。自動車業界元実力者のレバノンへの大胆な逃亡劇による潜在的な影響を浮き彫りにした。

  同高官はゴーン被告の逃亡で、ルノーと日産のパートナーシップ修復が遅れるとの懸念が強まると指摘した。仏政府はルノーの筆頭株主。同高官は政府のルールに基づき匿名で話した。

  かつて両社を率いたゴーン被告は、8日にレバノンの首都ベイルートで記者会見を開き、自身の逮捕への日産の関与を巡り同社を非難する見通し。被告は「自由に話す」と表明しており、両社の関係を悪化させている相互不信を再燃させる恐れがある。

  日産は7日、内部調査でゴーン被告による「数々の不正行為」を認めており、同被告の不正により生じた損害に対し「適切な法的手続き」を取ると表明した。日産の担当者は声明以外にコメントしなかった。ルノーはコメントを控えた。

  2018年11月の逮捕以降、両社の相互不信は株価にも打撃を与えている。ルノーは7年ぶりの安値付近にあり、日産は約10年ぶりの安値水準だ。業界全般の販売不振に加え、ルノーがフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との合併を試みたものの失敗したことが株価の重しとなっている。

Renault, Nissan shares have suffered since former boss's arrest

原題:
Ghosn’s Escape Fuels French Concern About Renault-Nissan Ties(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE