コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、中東緊迫や米指標で買い戻し-円も高い

更新日時

7日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨すべてに対して上昇。中東情勢の緊迫に加え、米経済指標が好ましい内容となったことから、ドルの買い戻しが入った。一方、オーストラリア・ドルは下落率トップで、昨年12月半ば以来の安値に下げた。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%高。一時は昨年12月27日以来の高水準となり、昨年末に見られた下落分の約50%を取り戻した
  • 12月の米ISM非製造業総合景況指数は市場予想を上回った。一方、11月の米製造業受注は減少した
  • 円とスイス・フランも幅広い通貨に対して上昇。フランは対ユーロで、17年5月以来の高値を付けた
  • 米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、大口の投機筋が保有するドルのネットショート(売り越し)ポジションは、12月31日終了週に2018年6月以来の高水準となった
  • 株式市場ではS&P500種株価指数が下落したものの、株価のボラティリティーを示す指標は低下。国債市場では米10年債利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.82%
  • ニューヨーク時間午後4時49分現在、ドルは対円で0.1%高の1ドル=108円43銭。ユーロに対しては0.5%高い1ユーロ=1.1146ドル
  • 豪ドルは対米ドルで1.1%安と、5営業日続落

原題:Dollar Rises as Shorts Unwound; Aussie Slumps: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、5番目のブレットを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE