コンテンツにスキップする

ゴールドマン、業績発表での部門別事業構成を改編-消費者事業を強調

米金融大手のゴールドマン・サックス・グループは、部門ごとの業績を発表する際の事業構成を改編した。消費者事業の伸びを強調し、投資家からの評価を高めることが狙い。

  ゴールドマンは業績発表における4部門を改編。新設された消費者・ウェルスマネジメント部門には、オンライン消費者金融事業を手掛けるマーカス事業やアップルと展開するクレジットカード事業が含まれる。一方、投資・融資部門は廃止した。同部門は、利益の予想が困難との理由から市場ではあまり重視されていなかった。

  今回の改編はゴールドマンが7日、規制当局に届け出た。この改編により、競合他社との比較がより容易になる見通し。ゴールドマンでは最大事業であるトレーディングの長引く低迷が株価の重しとなっているが、改編により成長分野を強調できる可能性がある。改編によりゴールドマンの事業は消費者・ウェルスマネジメント部門のほか、投資銀行部門、グローバルマーケッツ部門、資産運用部門となる。  

原題:Goldman Revamps Divisions, Highlighting Consumer Businesses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE