コンテンツにスキップする

米貿易赤字、2016年以来の低水準に縮小-対中摩擦緩和で輸出拡大

更新日時

昨年11月の米貿易赤字は3年ぶりの水準に縮小した。中国との貿易摩擦が和らぐ中、輸出が拡大。一方、輸入は2017年以来の低水準となった。

キーポイント
  • 財とサービスを合わせた全体の米貿易赤字は431億ドルに縮小
    • 前月は469億ドル(速報値472億ドル)に修正
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は436億ドル
U.S. trade deficit shrank to the smallest in three years in November

  今回の数字は、貿易赤字が2013年以来初めて年間ベースで縮小する可能性を示唆。トランプ米大統領の中国製品に対する関税を受けて、同国からの輸入が大幅に減少したことを主に反映している。

  貿易が第4四半期(10-12月)の経済成長に寄与する方向に進んでいることも今回の統計は示唆。過去2四半期は国内総生産(GDP)への重しになっていた。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、中国に対する財の米貿易赤字は季節調整済みベースで256億ドルに縮小。13年以来の低い水準となった。対中の輸出が14億ドル拡大し、2月以来の大幅増となった一方、輸入が6カ月連続で減少。1年余りにわたる関税の影響が反映された。

  2019年1-11月の財とサービスを合わせた全体の貿易赤字は5630億ドル。18年は5669億ドルだった。財の赤字は7912億ドルで、前年の8064億ドルから縮小した。

  赤字の縮小は、自身の貿易政策が実を結んでいるとの論拠をトランプ大統領に与える可能性があるものの、米国の対中貿易は19年に急減し、中国は米国の貿易相手としてメキシコとカナダに次ぐ3位に転落した。

  昨年1-11月では、中国からの財の輸入は15%減。輸出は11.4%落ち込んだ。財の対中赤字は3198億ドル(季節調整済み)と、前年同期から縮小した。

  11月の財・サービスを合わせた全体の輸出は前月比0.7%増の2086億ドル。消費財や資本財、大豆の増加が寄与した。一方、輸入は1%減の2517億ドル。民間航空機や消費財、石油製品が減少した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:
U.S. Trade Gap Shrinks to Smallest Since 2016 on Export Gain (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE