コンテンツにスキップする

中国の消費者物価、1月は5%上昇の可能性とシティ-原油高で

  • 自動車用燃料や石油化学製品などコストを押し上げ-余向栄氏
  • 長くは続かず、2020年の金融緩和ペースに恐らく影響ないとも分析

中国で大幅上昇する消費者物価が原油高の影響でさらに押し上げられるとシティグループが指摘した。ただ、長くは続かず、2020年の金融緩和ペースに恐らく影響はないとの見方も示した。

  シティの余向栄エコノミスト(香港在勤)はリポートで、中国の消費者物価指数(CPI)上昇率が1月に5%に達すると予測。原油価格の上昇や比較対象となる前年同月の水準が低かったことで自動車用燃料や石油化学製品、プラスチック包装などのコストが押し上げられるとした。

  1月の生産者物価指数(PPI)についても、中国は外国産石油への依存が強く、輸入品価格の上昇分が川下セクターに波及するため前年同月比で上昇に転じる可能性が高まっていると分析した。

  昨年12月分の中国物価指標は9日発表予定。

原題:
China’s Inflation May Hit 5% in January on Oil Spike, Citi Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE