コンテンツにスキップする

ゴーン被告の逃亡に元英軍人も関与か-チャーター代金支払いとFT紙

  • プライベートジェットの代金、元英軍人と関連のある企業が支払った
  • 元軍人ダグラス氏は関与否定-物流・貨物事業のための支払いと説明
カルロス・ゴーン被告

カルロス・ゴーン被告

Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg
カルロス・ゴーン被告
Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

元日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告の逃亡には、英国の元軍人も関わっていた可能性がある。英紙フィナンシャルタイムズ(FT)が報じた。

  この元軍人、マイク・ダグラス氏は、イラク戦争後に同国で航空および燃料サービス事業で財を成したという。

  関西空港からイスタンブールまでゴーン被告を運んだプライベートジェットの代金17万5000ドル(約1900万円)が昨年12月26日、ダグラス氏と関連のある会社ジェネラル・トレードから支払われたと、FT紙が情報源を明らかにせず報じた。

  ドバイを本拠とするSKAインターナショナルの最高経営責任者(CEO)であるダグラス氏は同紙に対し、支払いは物流・貨物事業のためのもので、航空機のチャーター代金ではないと述べ、逃亡への関与を否定したという。

  FTが事情に詳しい関係者の話を基に伝えたところによると、イスタンブールから先の航空機を提供したトルコのMNGジェットに対する17万5000ドルの支払いはまだ行われていない。逃亡にかかった費用は約2000万ドルだとも同紙は報じた。

原題:Carlos Ghosn Escape Draws in British Ex-Serviceman, FT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE