コンテンツにスキップする

ゴーン被告の不正出国は極めて遺憾、レバノンに協力要請-菅官房長官

菅義偉官房長官は7日、閣議後の記者会見で、レバノン政府に対し、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が日本を不正に出国し、同国に到着したことは「極めて遺憾」であり、事実関係の究明に必要な協力を行うよう求めていることを明らかにした。

  ゴーン被告への捜査は「わが国は法治国家、法と証拠に基づいて対応している」と語った。被告の足取りについては「出国の記録ないこと判明しており、何らかの不正な手段を用いて不正に出国したことも事実だ」と述べたが、詳細については説明を避けた。

  その上で、法務省中心に関係省庁が一つになり「こうしたことが二度と起こることがないよう、検査も含めて対応している」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE