コンテンツにスキップする

サムスン、ARメガネとスマートホーム市場進出-家電制御に主眼

  • 今年の早い段階で「ギャラクシー・ホーム・ミニ」を投入
  • ミニ中心にユニークなエコシステム構築が可能だとサムスンは考える
Samsung's Ballie.
Samsung's Ballie. Samsung Electronics
Samsung's Ballie.
Samsung Electronics

サムスン電子は2020年の幕開けに拡張現実(AR)メガネの試作品やスマートスピーカーの新製品といった機器を披露し、競合各社がひしめき合うスマートホーム市場進出のスタートを切る。

  サムスンの家電部門を担当する金炫奭(キム・ヒョンソク)最高経営責任者(CEO)は、ラスベガスで今週開幕する家電・IT見本市「CES」に先立ち、今年の早い段階でスマートスピーカー「ギャラクシー・ホーム・ミニ」を投入する計画を明らかにした。

  「グーグルホーム」やアマゾン・ドット・コムの「エコー」発売から数年遅れたが、自社ブランド家電の最適な制御デバイスとすることで、ミニを中心にユニークなエコシステム構築が可能だとサムスンは考えている。

Samsung Electronics

CES2020開幕を前に話す金炫奭氏(米ラスベガス)

Source: Samsung Electronics

  サムスンの「Bixby(ビクスビー)」は、アップルの「Siri(シリ)」やアマゾンの「アレクサ」のようなデジタルアシスタントだが、大量のインターネット上のユーザーデータで訓練した人工知能(AI)をベースに会話を試みるよりも、音声による指示で家電を動かすことに主眼を置く。

  金氏はビクスビーがこの分野で出遅れたとの指摘を認める一方、スムーズな会話の応答は優先事項ではなく、ユーザーの情報よりもハードウエアに重点を置くことで消費者のプライバシー改善につながると主張した。カーテンや照明、サードパーティーの機器を含む63のデバイスと接続し、同氏はミニを自宅でテストしているという。

原題:Samsung Hops Aboard Smart Speaker, AR Glasses Hype Trains (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE