コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのDEショー、昨年好成績-手数料は業界最高水準に

  • 旗艦ファンドの成績はプラス10.5%前後、好成績の連続記録伸ばす
  • 管理手数料と運用報酬をそれぞれ3%と30%に引き上げ

ヘッジファンド会社DEショーの旗艦ファンドである140億ドル(約1兆5000億円)規模の「コンポジット」ファンドは昨年の成績がプラス10.5%前後で、連続好成績の記録を伸ばした。

  事情に詳しい関係者によると、システマティック取引と裁量的投資戦略の双方が高リターンに寄与した。複数の戦略に投資する同ファンドは過去8年のうち7年で2桁台のリターンを上げている。

  DEショーの広報担当者はコメントを控えた。

  2018年の成績はプラス11.2%、17年は同10.3%だった。コンピューターサイエンティストのデービッド・ショー氏が1988年に設立したDEショーは最も歴史のあるヘッジファンドの1つで、複雑な数学的モデルを駆使した投資の草分けでもある。

  同社は年初から、管理手数料と運用報酬をそれぞれ3%と30%に引き上げる計画で、業界で最も料金の高いファンドの1つの地位を固める。

原題:D.E. Shaw’s Biggest Hedge Fund Saw 10.5% Gain Last Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE