コンテンツにスキップする

香港ドル、アジア最良のキャリー取引運用通貨に-短期金利高止まり

  • 当分の間、利回り格差は引き続き香港ドルに有利-ANZのゴー氏
  • 変動幅上限に3月末までに達する可能性は五分五分-オプション市場

米ドルに対しほぼ3年ぶりの高値を付けた香港ドルが突然、アジア最良のキャリートレード運用通貨となった。

  香港の金利が高止まりし、これまで何年にもわたり下落見通しが優勢だった香港ドルを保有する魅力が高まっている。米ドルを売った資金で香港ドルを買うキャリートレードの運用効率を測るシャープレシオは過去1カ月でアジアで最も高くなった。 

One-month HKD Hibor maintains its premium over Libor

  香港ドルの強さは香港市場できつめの流動性環境が続くとの見通しによるところが大きい。

  オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のアジア調査責任者クーン・ゴー氏は「当分の間、利回り格差は引き続き香港ドルに有利だ」と述べ、米ドルとのペッグ(連動)制を採用している香港ドルは許容変動幅の中央値より香港ドル高方向にしばらくとどまり続けると予想。短期金利は春節(旧正月)の連休に向け高水準を続け、2月に入り低下する公算が大きいとの見方を示した。

  オプション市場では現在、香港ドルが許容変動幅の上限に3月末までに達する可能性をほぼ五分五分とみている。約1カ月前に織り込んでいた確率は9.5%だった。

原題:
Hong Kong Dollar Is Best Asia Carry Trade, on Tight Cash Supply(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE