コンテンツにスキップする

ダドリー前NY連銀総裁、SRF設置を提唱-レポ制度改革の好機

ダドリー前ニューヨーク連銀総裁は米短期金融市場の安定を確保するには、常設レポファシリティー(SRF)の設置が望ましいと述べた。同氏はかつてニューヨーク連銀総裁として、金融当局と市場の相互関係を監督していた。SRFはかねて議論されてきたが、まだ設置されたことはない。

  ダドリー氏はブルームバーグ・オピニオンのコラムで、SRFを提唱。この議論を支持する推進派に加わった。カウンターパーティーとして幅広い機関を対象とし、担保には米財務省証券と機関債を受け入れるべきだと主張した。

New York Federal Reserve President William Dudley Interview

ダドリー前NY連銀総裁

Photographer: Gaia Squarci/Bloomberg

  「このようなファシリティーはレポ金利に事実上の上限を設ける効果がある」とダドリー氏は記述。「当局がプライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)に流動性を供給しても、短期の資金調達を必要としている可能性がある他の市場参加者にプライマリーディーラーが資金を貸し出さないことがあり得るため、こうした問題にも対応するだろう」と続けた。

  SRFが設置されれば、市場参加者は必要に応じて保有証券を現金に交換することができるため、突然の資金不足が生じる可能性が低下し、短期金利の安定維持につながる見通しだ。

原題:
Ex-New York Fed Boss Says It’s Time to Overhaul Repo Toolkit (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE