コンテンツにスキップする

ボルトン前米大統領補佐官、召喚あれば上院弾劾裁判で証言の構え

ジョン・ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、召喚があれば上院の弾劾裁判で証言する姿勢を表明した。

  同氏は6日付の声明で、「私が証言する是非が再び問題となっており、相反する深刻な問題をなるべくきちんと解決する必要があった」と説明。「上院が証言を求める召喚状を出した場合には、私はそれに応じる構えだとの結論に至った」と明らかにした。

  ボルトン氏は昨年、議会の証言要請に応じないようにとトランプ政権に指示されたとして、下院の弾劾調査への参加を拒んでいた。

  上院がボルトン氏を召喚するには少なくとも4人の共和党上院議員の支持が必要だが、今のところ支持を示唆した議員はいない。

原題:
Bolton Would Testify Under Senate Subpoena: Impeachment Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE