コンテンツにスキップする

クロアチア大統領選、EU加盟をけん引した元首相が当選-現職破る

クロアチアで5日行われた大統領選決選投票で、ミラノビッチ元首相が現職のグラバルキタロビッチ氏を破って当選した。

  開票率ほぼ100%の投票結果によると、ミラノビッチ氏の得票率は52.7%。同氏は首相を務めていた2011年-15年に同国を欧州連合(EU)加盟に導いた実績があり、過激思想の排除や反汚職、西欧への若年層流出に歯止めをかけると約束。これに対しグラバルキタロビッチ氏は反移民の有権者に支持を拡大しようとしたが、汚職疑惑の絶えないザグレブ市長との関係が取りざたされ、選挙戦終盤に人気が急落していた。

原題:
Croat President Ousted in Vote by Leader Who Won Entry to EU (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE