コンテンツにスキップする

サウジ債のデフォルトリスク急上昇、イラン司令官殺害受け-チャート

Saudi Arabia's CDS prices jump on growing U.S.-Iran tensions

トランプ米大統領の指示の下、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を米軍が空爆で殺害したことを受け、サウジアラビア債のデフォルト(債務不履行)に備える保証コストが3日に急騰した。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、サウジ債の5年間の保証コストが、昨年9月に同国の石油施設が攻撃を受けた際よりも大きく上昇した。この攻撃にイランが背後で関与したと米政府は主張している。サウジ債のCDSスプレッドは65ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、過去約2年で初めてインドネシア債を上回った。

原題:Saudi Default Risk Jumps as U.S.-Iran Tensions Flare: Chart

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE