コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
deals

香港取引所、携程集団や網易の重複上場に向け協議-関係者

  • NYでのIPOを14年に実施したアリババが香港に昨年上場
  • 協議は予備段階であり、変更もあり得ると関係者
A pedestrian walks past the illuminated Sky Soho building, which houses the headquarters of Ctrip.com International Ltd., at night in Shanghai, China, on Monday, Jan. 23, 2017. Ctrip is the world's No. 2 online agency by market value.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

香港取引所はトリップドットコムグループ(携程集団)やネットイース(網易)など海外で株式公開した中国テクノロジー企業と香港での重複上場について協議している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  ニューヨークで新規株式公開(IPO)を2014年に実施したアリババ・グループ・ホールディングは昨年、香港でも上場を果たし、香港では10年以降で最大規模の上場となった。

  非公開情報だとして匿名を条件に語った関係者によれば、香港取引所の担当者はいずれも米国に上場しているトリップドットコム、ネットイースと香港上場について協議を続けている。交渉は予備段階であり、変更もあり得るという。

HKEX's shares spike on news it's in talks about secondary Ctrip, Netease listings

  トリップドットコムと香港取引所は電子メールでコメントを控えた。ネットイースの担当者からもコメントがなかった。

原題:
Hong Kong Bourse Discusses New Listings With Ctrip, Netease (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE