コンテンツにスキップする

ゴーン被告、関西空港経由で逃亡-「巨大な抜け穴」とDJ

カルロス・ゴーン被告

カルロス・ゴーン被告

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg
カルロス・ゴーン被告
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

元日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告は関西空港経由で日本から逃亡したと、ダウ・ジョーンズ通信(DJ)が報じた。同空港はプライベートジェット用ターミナルがほとんど使われておらず、スキャナーは大型荷物を通すには小さ過ぎるという「巨大なセキュリティーの抜け穴」があったため、脱出を請け負った業者が同空港を選択したという。

  DJが匿名の関係者の話を基に報じたところによると、ゴーン被告を脱出させる計画は数カ月前から始まり、国籍の異なる10-15人のチームが関わった。裁判が何年もかかる兆候とホリデーシーズンに妻のキャロルさんとの面会を拒まれたことを受けて、ゴーン被告は先月、計画の実行を決意したという。

  脱走作戦のチームは20回以上日本を訪れ、少なくとも10の空港を調査してから関空をセキュリティーの「弱点」と判断し脱出場所として選択した。空港運営会社の広報担当者によれば、X線によるスキャンができない大きな荷物はセキュリティー担当職員が開くことになっていたが、テロのリスクが低いと考えられるプライベートジェットの旅行者には必ずしも行われていなかったと専門家が述べた。セキュリティーチェックの責任を政府が担う米国と異なり、日本では航空会社が責任を持ち民間企業を起用しているという。

  報道によると、逃亡計画のコストは数百万ドルだった。

原題:
Ghosn Escaped Via Kansai Airport Due to ‘Huge Security Hole’: DJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE