コンテンツにスキップする

イラン国防軍需相、米国を支持する国に警告-報復なら反撃と米大統領

イランのハタミ国防軍需相は革命防衛隊のソレイマニ司令官が米軍の攻撃により殺害されたことを受け、「米国のテロリスト活動支持をほのめかす者は世界・地域的な代償を支払うことになる」と表明した。メヘル通信が報じた。

IRAN-IRAQ-US-MILITARY-SOLEIMANI

イラン南西部の国際空港に到着したソレイマニ司令官のひつぎを運ぶ人々(1月5日)

写真家:ホセイン・メルサディ/ファーニュース/ AFP、ゲッティイメージズ経由

  米軍によるイラクでの空爆で同司令官が死亡した後、中東でイランと対立する国々は事態の沈静化を呼び掛けている。サウジアラビアは自制を促し、アラブ首長国連邦(UAE)は「理性的な関与」が重要だと指摘した。

  トランプ米大統領は4日に一連のツイートを投稿し、イランが報復すれば「イランの52カ所」が「直ちに非常に激しく」攻撃されると警告を発した。

関連記事
イラン、選択肢は限定的か-精鋭部隊司令官の殺害で米に報復表明でも

原題:Iran Says Those Who Supported Soleimani’s Killing ‘Will Pay’Trump Warns of 52 Iran Targets as Strike Justification Made (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE