コンテンツにスキップする

ゴーン被告、元グリーンベレー隊員らが付き添い日本脱出

更新日時
  • 大阪・イスタンブール間の乗客名簿にマイケル・テイラー氏ら
  • 関西空港に「巨大なセキュリティーの抜け穴」とダウ・ジョーンズ

日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告がレバノンに向かうため日本から乗り込んだプライベートジェット機には、民間警備会社に関係する元米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)隊員ら米国人2人が同乗していた。

  大阪・イスタンブール間の乗客名簿にはゴーン被告の名前はなく、その代わりにマイケル・テイラー氏らの氏名が記載されていたと事情に詳しい関係者が明らかにした。

  テイラー氏(59)は人質救出で広範な経験を重ねた元グリーンベレー隊員で、世界中で契約を取り付ける警備会社を設立。裁判所の記録によれば、同氏の会社はアフガニスタンでの特殊部隊訓練などの仕事で米国防総省の契約5400万ドル(約58億円)相当を得ている。

  ただ、2010年にテイラー氏と同氏の会社は米ユタ州での契約詐欺とマネーロンダリング(資金洗浄)で大陪審の調査を受け、最終的に通信詐欺などで有罪を認めた同氏には禁錮2年の刑が言い渡された。

Carlos Ghosn Leaves Prison on Bail After 108 Days of Detention

カルロス・ゴーン被告

  テイラー氏の妻、ラミアさんは3日の電話取材に対し、ゴーン被告が日本から出国した際のジェット機に夫が乗っていたかどうかは分からないと述べ、テイラー氏は国外にいて、連絡できないと話した。  

  同氏と共に乗客名簿に記載されていたジョルジュアントワーヌ・ザイェク氏についての情報は少なく、オンライン上のプロフィルや届け出によれば、同氏はテイラー氏の会社のほか、少なくとも別の警備会社1社でも働いた経歴を持つ。

  ゴーン被告(65)とテイラー、ザイェク両氏がどのように接触したのかは不明だが、同被告が少年期を過ごし国籍を持つレバノンと3人はいずれも近い関係にある。

  テイラー氏はニューヨーク州スタテン島に生まれ、マサチューセッツ州の高校卒業後、米軍特殊部隊に所属。1982年に初めてベイルート入りし、レバノンの戦闘部隊の訓練を助けた同氏は、「ベイルートのキリスト教コミュニティーと生涯の関係」を築き始めたとユタ州の連邦裁判所での量刑覚書に記載されている。ザイェク氏は本人含め家族がレバノンのキリスト教マロン派信者。

  ゴーン被告の脱出に同行した人物については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じた。また、ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、レバノン人が数カ月前にテイラー氏とゴーン被告を引き合わせたと報じている。ゴーン被告は2日、自身の脱出に家族は関わっていないとの声明を出している。

  また、ダウ・ジョーンズ通信(DJ)は6日、事情に詳しい匿名の関係者の話を基に、ゴーン被告の脱出計画には国籍の異なる10-15人のチームが関わったと報道。関西空港はプライベートジェット用ターミナルがほとんど使われておらず、スキャナーは大型荷物を通すには小さ過ぎという「巨大なセキュリティーの抜け穴」があったため、同空港が脱出の経路として選択されたと伝えた。チームは20回以上日本を訪れ、少なくとも10カ所の空港を調査してから、関西空港を選んだという。  

原題:
Ghosn’s Escape Escorts Included Green Beret With Rap Sheet (2)(抜粋)

(第8段落以下を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE