コンテンツにスキップする

米ISM製造業景況指数、12月は予想外に低下-09年以来の低水準

更新日時

米供給管理協会(ISM)が発表した昨年12月の製造業総合景況指数は、市場の予想外に低下し、リセッション(景気後退)脱却後で最低となった。特に新規受注や生産が低調だった。

キーポイント

  • ISM製造業総合景況指数は47.2に低下-2009年6月以来の低水準
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は49
    • 前月は48.1
  • 5カ月連続での活動縮小示す-同指数は50が活動の拡大・縮小の境目
  • 新規受注と生産は09年4月以来の低水準
December ISM manufacturing index dropped to lowest in a decade

インサイト

  • 18業種のうち15業種が活動の縮小を報告-特に衣料品や木材製品が低調
  • 19年の年間平均は51.2と、10年ぶり低水準-18年の年間平均を7.6ポイント下回り、01年以来の大幅な落ち込み
  • 生産と新規受注の回復が遅れている背景には、ボーイングの問題が関係している可能性がある
    • 737MAXの運航停止措置を受けてボーイングは、サプライヤーに部品の出荷を昨年1月半ばから停止するよう伝えた

詳細

  • 雇用指数は16年1月以来の低水準
  • 仕入価格指数は5月以降で初の拡大圏
  • 入荷遅延は引き続き50を上回った
  • 輸入はここ9カ月で8回目の縮小圏、輸出も活動の縮小が示された
  • 統計表

原題:
U.S. Factory Gauge Unexpectedly Falls to Lowest Since 2009 (2)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE