コンテンツにスキップする

ロンドン・上海証取間の相互上場、一時差し止め報道を証監会が否定

上海とロンドンの両証券取引所間の相互上場プログラムを中国当局が一時的に差し止めたとの報道について、中国当局が3日、これを否定した。

  中国証券監督管理委員会(証監会)は記者会見で、同プログラムは昨年6月以降正常に機能していると説明した。証監会の常德鵬報道官は一部企業がグローバル預託証券の発行を遅らせていることは認識していると発言したが、資金調達の必要性や市場環境などを鑑みて各社が独自に時期を決めることを尊重すると述べた。

  同報道官は「ロンドン・上海株式市場接続は中国の金融開放において重要なイニシアチブであり、クロスボーダー投資の拡大や二国間で資金を融通させる手段だ」と述べ、「2019年6月以降、市場接続は正常に機能している」と説明した。

原題:
China Denies Reports of Shanghai-London Stock Connect Halt (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE