コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンド下落、英EU離脱リスク意識される-ドル堅調

2日のニューヨーク外国為替市場では、ポンドが下落。英国の欧州連合(EU)離脱への移行に伴うリスクがあらためて意識された。ドルは主要10通貨の大半に対して堅調。昨年末は大きく売られていた。

  • ニューヨーク時間午後4時38分現在、ブルームバーグのドル指数は0.2%上昇。昨年12月24日以来のプラスとなった。同月31日は9カ月ぶりの低水準となっていた
    • CIBCの北米外為戦略責任者ビパン・ライ氏は、昨年末にドルや一部リスク資産が下落したことについて「為替相場とリスクは、やや一方向に傾き過ぎていた」と指摘した
    • 株式相場は上昇。米中貿易協議に対する楽観や、中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率を引き下げると発表したことが背景
    • ドイツとユーロ圏の製造業購買担当者指数(PMI)改定値は12月、ともに市場予想を上回った
  • ポンドは対ドルで0.9%安の1ポンド=1.3140ドル。昨年12月17日以来の大幅安。英国のEU離脱に対して楽観的な見方が強まっているが、そのことは交渉の先行きは不確実だという事実を覆い隠しているとの懸念がある
  • 円はドルに対して0.2%高の1ドル=108円54銭。一時は約8週間ぶりの高値となる108円21銭をつけた。ストップロスの円買いが入った。米国債市場では10年債利回りが4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し、1.88%
  • ユーロは対ドルで0.4%安の1ユーロ=1.1172ドル。昨年12月20日以来の大幅安

原題:
CORRECT: Pound Sinks on Brexit Risk Rethink: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE