コンテンツにスキップする

トルコ、リビア派兵を議会が承認-エルドアン大統領に負託

トルコ議会はリビア派兵を承認した。国際的に認知されているリビア暫定政府を支援する。リビアの反政府勢力を後押しするロシアや地域の有力国を巻き込み、中東の代理戦争は深刻化する見通しとなった。

  トルコ議会は2日、賛成325票、反対184票でリビア派兵を承認。ファイズ・シラージュ暫定首相率いるリビア暫定政府の要請に応じて派兵する1年間の権限をエルドアン大統領に付与した。

  リビア暫定政府はトルコ派兵によって、「リビア国民軍(LNA)」のハフタル司令官率いる反政府勢力に対する防衛力を強化できる見通しだ。ハフタル司令官はロシアの民兵部隊やエジプト、アラブ首長国連邦(UAE)の支援を受けている。

原題:
Erdogan Wins One-Year Mandate to Send Turkish Troops to Libya(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE