コンテンツにスキップする

クラーク氏のヘッジファンド、昨年マイナス35%-弱気な賭けが裏目

弱気派として知られるラッセル・クラーク氏が運用するヘッジファンドは、昨年の成績がマイナス35%と、年間のリターンとしては過去最悪のマイナスを記録した。史上最長の強気相場でのショート(売り持ち)が裏目に出た。

  クラーク氏のファンド「ホースマン・グローバル・ファンド」は2012年以降、株価下落に賭けた投資を一貫して続けており、昨年10月には総資産に対するネットショートポジションの比率を過去最高の111%に引き上げていた。クラーク氏は大胆な逆張りの投資戦略で広く知られるが、今回はそうした戦略が実らなかった。S&P500種株価指数のトータルリターンは昨年、プラス31.5%だった。

  ホースマン・キャピタル・マネジメントの広報担当は、運用成績について確認した。

  クラーク氏は昨年12月の顧客宛て書簡で「今年は計画通りにいっていない」と記し、下落に賭けた投資を堅持していたことを示唆。「中央銀行や政府の積極的な行動により、リセッション(景気後退)のほか、恐らく弱気相場も終了したとの話を耳にする機会が増えている。それは本当かもしれない。ただ、転換点にあるように私には思える」と述べた。

  ホースマン・グローバル・ファンドの運用資産は昨年11月末時点で2億4100万ドル(約261億8000万円)。2015年末時点では17億ドルだった。

Bullfighter

Clark's annual returns since he turned net short equities

Source: Investor documents

原題:
Clark’s Hedge Fund Plunges by Record 35% as Short Bets Backfire(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE