コンテンツにスキップする

在イラク米大使館、襲撃したシーア派民兵組織が撤収-緊張緩和の兆し

イラクで活動する親イラン派民兵組織「人民動員隊(PMU)」は、在イラク米国大使館の外に設置していたテントを撤去し、撤収した。数日前に大使館を群衆が襲撃し敷地内に突入する事態に発展し、イランと米国の間で緊張が一段と高まっていた。

  PMUは1日、メンバーと支持者に退去を呼び掛け、「退去を命じたイラク政府の決定を尊重し、国家としての威厳を維持するため」と説明した。PMUメンバーによれば、1日午後遅くには撤収が完了した。

バグダッドの米国大使館外で張っていた陣営を解除するシーア派民兵組織

(出所: Bloomberg)

原題:Iran-Backed Iraq Militia Withdraws After U.S. Embassy Attack (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE