コンテンツにスキップする

トルコ当局、ゴーン被告のイスタンブール経由状況を捜査-7人拘束

  • 空港警察はゴーン被告搭乗を知らされていなかった
  • 箱の中に隠れた状態で別の機体に運び入れられた様子ー高官
Turkish airlines planes parked at the new "Istanbul Airport" on the first day after it moved from Ataturk International airport, in Istanbul. - Ataturk International airport has moved on late April 5, 2019.
Turkish airlines planes parked at the new "Istanbul Airport" on the first day after it moved from Ataturk International airport, in Istanbul. - Ataturk International airport has moved on late April 5, 2019. Photographer: OZAN KOSE/AFP
Turkish airlines planes parked at the new "Istanbul Airport" on the first day after it moved from Ataturk International airport, in Istanbul. - Ataturk International airport has moved on late April 5, 2019.
Photographer: OZAN KOSE/AFP

トルコ当局は、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告を乗せたプライベートジェットがイスタンブールを経由しレバノンのベイルートへ向かったとされる問題で捜査に乗り出し、パイロット4人を含む7人を拘束した。

  国営アナドル通信が報じたところによれば、民間貨物航空会社の業務管理者1人と空港地上支援業務の民間会社従業員2人も調べを受けている。

  事情を直接知るトルコの高官1人によると、ゴーン被告はトルコのMNGホールディングの子会社が運航するプライベートジェットを使ってレバノンへ飛んだとみられる。

  同高官は情報の機密性を理由に匿名を条件として、ゴーン被告は12月30日朝にMNGの別の航空機でイスタンブールに到着し、もう一つのプライベートジェットに箱の中に隠れた状態で運び入れられたようだと説明した。 

  空港警察はゴーン被告の搭乗を知らされていなかったという。トルコ最高検察庁はゴーン被告がイスタンブールを経由した状況について調べを進めている。

原題:
Turkey Detains Pilots, Probes Ghosn Flight After Istanbul Stop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE