コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Qilai Shen/
cojp

ロンドン・上海証取間の相互上場、中国が一時的に差し止め-関係者

中国当局は上海とロンドンの両証券取引所間の相互上場プログラムを一時的に差し止めた。この決定に詳しい複数の関係者が明らかにした。相互上場とは、どちらかの証取に上場している企業が、連携先の証取に預託証券を上場できる制度。

  同関係者らが匿名を条件に語ったところによると、政治的な配慮が決定の背景にあり、いつごろ再開するかは不明。中国証券監督管理委員会(証監会)と上海証券取引所にコメントを求めたが、現時点で返答はない。差し止めについてはロイター通信が先に報じた

  関係者1人によれば、香港の抗議デモに対する英政府の姿勢が今回の差し止め決定につながった要因の一つで、最終的な決定は英国との関係がどのように展開するかにかかっているという。

  中国外務省の耿爽報道官は2日に記者団に対し、「詳細は承知していない」と述べた上で、「英国に投資する中国企業に公正かつ差別的でない開かれた環境を提供し、両国が現実的な協力を行う上で適切な条件を英国が整えるよう期待していると強調したい」とコメントした。

  ロンドン証券取引所の北京在勤担当者はブルームバーグの取材に対し、英国の事務所に問い合わせるよう求めた。英財務省の報道官はロイターに対しコメントを控えた。

原題:China Is Said to Suspend Link Between Shanghai, London Exchanges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE