コンテンツにスキップする

中国人民銀、預金準備率引き下げ-6日から50bp下げて景気下支え

中国人民銀行(中央銀行)は1日、預金準備率を引き下げると発表した。2020年の経済成長を下支えする。

  同行のウェブサイトでの発表によると、預金準備率を6日から50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き下げる。別の声明によれば、金融機関への安定的な資金供給が目的で、今回の措置で8000億元(約12兆4800億円)の流動性が放たれる。

参考記事:中国の李首相、的を絞った預金準備率引き下げ方針表明

原題:
China Cuts Banks’ Reserve Ratio to Boost Economic Growth in 2020(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE