コンテンツにスキップする

ゴーン氏不在の日産とルノー、2019年株価騰落率が業界最悪

カルロス・ゴーン被告

カルロス・ゴーン被告

 Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

カルロス・ゴーン被告

 Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

カルロス・ゴーン被告の衝撃的な日本脱出劇が最後に加わり、同被告がかつて経営した日産自動車ルノーは悲惨な2019年の終わりを迎えた。

  両社の株価は19年の騰落率がブルームバーグ世界自動車メーカー指数で最悪で、日産が約28%、ルノーが約23%それぞれ下落した。上昇率トップはフェラーリ、上位には起亜自動車テスラが並んだ。

Rough Year

Renault and Nissan were the worst-performing carmaker stocks of 2019

Source: Bloomberg data

Note: Excludes truckmakers Paccar and Volvo AB.

原題:
Ghosn-Less Renault and Nissan Were the Worst Car Stocks of 2019(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE