コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル下落、年末のポジション調整-ポンドと加ドルは高い

31日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。年末のポジション調整の動きが広がった。ドルはスウェーデン・クローナを除く主要10通貨すべてに対して値下がり。一方、ポンドは急伸したほか、カナダ・ドルは昨年10月以来の高値に達した。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%下落し、4営業日続落。3月以来の低水準となった。12月は2%、10-12月(第4四半期)は2.8%、年間では約1%いずれも下落
    • トランプ米大統領は1月15日に「第1段階」の米中貿易合意に署名すると表明した
    • イラクのバグダッドで武装集団とその支持者が米大使館の敷地内に突入したが、ドルは反応せず
  • 円は上げ幅を縮小。米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.92%
  • ポンドは主要10通貨で上昇率トップとなり、今月17日以来の高値を付けた。英国と欧州連合(EU)の離脱交渉に関する楽観が続いた
    • ポンド上昇の背景には、投機的ポジションの改善や強い需要、売られ過ぎだった状況の反転もある
  • ニューヨーク時間午後4時17分現在、ドルは対円で0.2%安の1ドル=108円64銭。ユーロに対しては0.1%安い1ユーロ=1.1215ドル
  • ポンドは対ドルで1%上昇。加ドルは対米ドルで0.7%高
Large speculators net positive for first time since April

原題:
Dollar Slumps Into Year-End as GBP, CAD See Demand: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE