コンテンツにスキップする

マクダーモット、破産法11条申請前に融資交渉-関係者

  • HPSやバウポストなど含むグループと交渉中
  • 数週間内に連邦破産法11条の適用を申請の可能性

米エンジニアリング会社のマクダーモット・インターナショナルは連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用申請前に、20億ドル(約2200億円)の融資を得るため協議を行っている。事情に詳しい関係者が明らかにした。同社は数週間以内に同手続きの適用を申請する可能性があるという。

  同関係者は機密事項であることを理由に匿名を条件に、同社がHPSインベストメント・パートナーズやバウポスト・グループなどで構成するグループと交渉中だと語った。融資交渉についてはダウ・ジョーンズ通信が先に報じていた。

  同社株は融資交渉の報道を受けて、30日の通常取引で一時64%下落した。マクダーモットとHPSインベストメント・パートナーズ、バウポスト・グループの担当者はコメントを控えた。

原題:
McDermott Said to Be in Talks With Lenders to File Bankruptcy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE