コンテンツにスキップする

東芝:量子暗号通信を20年度に実用化の方針、世界市場先導へ-報道

送受信した情報を読むのに必要な「暗号鍵」をやりとりする専用機器やソフトウェアなどを定額制で顧客に提供する方針。31日付の読売新聞朝刊が報じた。

  • 手始めに、金融機関が内部で取引や顧客に関する情報といった秘匿性の高いデータをやりとりする際の利用を想定
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE