コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数が6カ月ぶり低水準-円やフラン買われる

30日のニューヨーク外国為替市場ではブルームバーグ・ドル・スポット指数が下げ、一時6カ月ぶりの低水準となった。年末を控えたポートフォリオのリバランスや、短期のトレンドを捉えたモメンタムの売りが背景。ドルは主要10通貨全てに対して下落。円とスイス・フランの上昇が特に目立ち、ニュージーランド・ドルやオーストラリア・ドルも買われた。

  • ニューヨーク時間午後4時8分現在、ブルームバーグのドル指数は0.2%低下。一時は0.4%下げ、6月28日以来の低水準をつけた
    • 30日は米国株も下落した。米国債市場では10年債利回りが一時1.94%に上昇し、利回り曲線がベアスティープ化。2年債と10年債の利回り差は34ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、2018年以来の大きさに拡大した
  • ユーロは対ドルで0.2%高の1ユーロ=1.1200ドル。4営業日続伸。一時は0.4%高の1.1221ドルと、8月13日以来の高値に達した。ショートカバーが入ったほか、オプション市場でユーロに対する強気のセンチメントが高まっている
  • 世界的に債券利回りが上昇する中でも、避難通貨が買いを集めた
    • 円やスイス・フランはイラクや北朝鮮、ロシアを巡る地政学的懸念によっても押し上げられた
    • ドルは対フランで0.6%安。一時は0.8%下落し、8月13日以来の安値
    • ドルは円に対しては0.5%安の1ドル=108円85銭。一時、0.6%安の108円77銭を付けた。ストップロスの売りのほか、日本の年末年始の休暇を控え、ポジションをスクエアにする動きが広がった

原題:
Dollar Hits 6-Month Low as Year Winds Down; Yen Up: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE