コンテンツにスキップする

ゲノム編集技術で双子誕生させた研究者に懲役3年-中国の裁判所

  • 賀建奎・元南方科技大学副教授には約4700万円の罰金も-新華社
  • 生殖技術の分野で働くことも生涯にわたり禁じられた

中国の裁判所は、ゲノム編集技術で遺伝子を改変した受精卵から双子の女児を誕生させた賀建奎・元南方科技大学副教授に懲役3年の判決を言い渡した。国営の新華社通信が30日報じた。 

Chinese Scientist He Jiankui Speaks At The Human Genome Editing Summit

賀建奎・元南方科技大学副教授

写真家:アンソニー・クワン/ブルームバーグ

  新華社によると、深圳の裁判所はまた、賀元副教授に生殖技術の分野で働くことを生涯にわたり禁じるとともに、罰金300万元(約4700万円)を支払うよう命じた。

  ヒトゲノム編集技術を使った世界初の赤ちゃん誕生を2018年に明らかにした賀元副教授は、世界中から批判が殺到すると、公の場から姿を消していた。

原題:
Chinese Scientist Who Edited Babies’ Genes Sentenced to Prison(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE