コンテンツにスキップする

2019年もヘッジファンドに苦難の年-3兆ドル規模の市場縮小

  • 5年連続でヘッジファンドの閉鎖が開設よりも多い年
  • 過去5年間で4000余りのファンドが精算-ヘッジファンド・リサーチ

ヘッジファンドにとって2019年も苦難の年だった。閉鎖に至らなくとも、資金の流出や悲惨な運用成績に見舞われたからだ。

  5年連続でヘッジファンドの閉鎖が開設よりも多い年となったもようだ。かつて急速なペースで富豪を生み出してきた市場には大きな打撃だ。ヘッジファンド・リサーチがまとめたデータによると、過去5年間で4000余りのファンドが精算された。

Go Your Own Way

More hedge funds are closing than launching

Note: Annual net hedge fund openings, 2019 is through 3Q

Source: Hedge Fund Research

  顧客への資金返還などで、3兆ドル(約327兆円)余りのヘッジファンド業界に今年衝撃を与えたベテラン運用者には、ルイス・ベーコン氏やジェフリー・ビニック氏らが含まれる。その多くは史上最長の強気相場と歩調が合っていなかったが、投資家の抵抗に直面したり投資継続に十分な資金調達ができなかったファンドもあった。また、長期に及びすぎた運用の停止を望む向きもあった。

原題:
Hedge-Fund Purge Deepens as $3 Trillion Market Retrenches(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE