コンテンツにスキップする

アップルを提訴、NY大学心臓専門医-ウオッチが特許侵害と主張

  • 不整脈検知の手法の特許巡り、特許使用料支払う形での賠償求める
  • アップルウオッチは心拍数を計測、不整脈を検知できる機能備える

ニューヨーク大学の心臓専門医が米アップルに特許侵害の賠償を求め、ニューヨーク・ブルックリンの連邦地裁に同社を27日提訴した。同大医学部で教えるジョゼフ・ウィーゼル博士は不整脈検知で自身が特許を持つ心拍モニターの手法が、腕時計型端末「アップルウオッチ」で無断使用されていると主張している。

  アップルは、ユーザーの心拍数を計測、不整脈を検知できる同端末の機能をアピールしている。アップルウオッチのほか、アップルTVやヘッドホン「ビーツ」を含むウエアラブル・ホーム・アクセサリー部門は同社で最も高成長しており、2019年9月期の売上高は240億ドル(約2兆6300億円)強に達した。

  訴状によれば、ウィーゼル氏は17年9月に初めてアップルに接触。特許の詳細情報を伝えたが、同社側は「この訴訟を回避するための誠実な交渉を拒否」してきたという。同氏はアップルに特許使用料を支払う形での賠償を求めており、それができない場合は同社に特許使用を禁じる命令を下すよう訴えている。

  アップルの担当者にコメントを求めたがこれまでに返答はない。
  
原題:Apple Sued by New York Doctor Over Watch’s Heart Technology(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE