コンテンツにスキップする

豪州南東部の人気観光地で3万人に退避呼び掛け-森林火災広がる恐れ

  • ビクトリア州当局がイーストギプスランドから即時退避求める
  • 30日には周辺の主要幹線道路が閉鎖される可能性も
A policeman watches bushfires as they approach homes located on the outskirts of the town of Bargo on Dec. 21.

A policeman watches bushfires as they approach homes located on the outskirts of the town of Bargo on Dec. 21.

Photographer: David Gray/Getty Images AsiaPac
A policeman watches bushfires as they approach homes located on the outskirts of the town of Bargo on Dec. 21.
Photographer: David Gray/Getty Images AsiaPac

オーストラリア南東部の人気観光スポットで、休暇で滞在中の人たちや住民が退避を求められている。熱波の影響による森林火災が広がる恐れがあるためだ。

  予報によれば30日は気温がセ氏42度に上がり、強風にあおられて炎が広がると予想されている。当局は約3万人の観光客にビクトリア州イーストギプスランドから直ちに退避するよう求めた。同地域は米ニュージャージー州と同程度の面積。

  ビクトリア州の危機管理責任者アンドルー・クリスプ氏は29日、「今退避してほしい」とテレビを通じて呼び掛け、「退避を現時点で非常に真剣に考えることが重要だ」と強調した。

Firefighters Continue To Battle Bushfires As Catastrophic Fire Danger Warning Is Issued In NSW

バーゴ近郊の住宅地に炎が近づく中で消火活動するヘリコプター(12月21日)

写真家:デヴィッド・グレイ/ゲッティイメージズ

  州都メルボルンから東に車で約4時間のこの地域には既に3つの大きな火災が迫っている。30日は気温上昇や風、雷の影響でさらに火災が発生して周辺の主要幹線道路が閉鎖される可能性がある。

  非常事態宣言が出たニューサウスウェールズ州ではこれまでに600万エーカー(約2万4300平方キロメートル)を超える森林や低木林地が焼け、コアラなど在来動物の生息地が破壊された。救助されたコアラがボトルから水を飲む映像がここ数日にソーシャルメディア上で広がっている。

原題:Mass Evacuations Urged as Wildfires Threaten Southeast Australia
(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE