コンテンツにスキップする

トランプ大統領、内部告発者を特定する投稿リツイートで批判に直面

  • リツイートで2つの法律に抵触した恐れ-専門家
  • 大統領がツイートを減らすよう以前に提言と共和党上院議員
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Al Drago/Bloomberg

トランプ米大統領がウクライナ疑惑で自らの弾劾調査開始につながった内部告発について、情報源を特定するソーシャルメディアの投稿をリツイート(フォロワーに公開して共有)したことに対し、政治的な対立者は大統領を批判し、一部支持者は不安を抱いている。

  トランプ大統領は27日夜、6800万人のフォロワーを持つ自身のツイッターでこの投稿をリツイートした。法律事務所コーン・コーン&コラピントの弁護士、デービッド・コラピント氏は、これが2つの法律に抵触する恐れがあると話す。

  コラピント氏は29日、大統領には内部告発者に関する法律の下、不正疑惑を告発したインテリジェンス・コミュニティーの当局者を確実に保護する責任があると述べ、大統領の行為は「故意の法律違反」だと指摘。保護には氏名を明かされないことと報復を受けないようにすることが含まれると付け加えた。

  同氏の同僚であるスティーブン・コーン弁護士は27日、トランプ氏は「大統領就任に伴い、インテリジェンス・コミュニティーの内部告発者の保護が責務の一つになった」とナショナル・ロー・レビューで論評した

  トランプ氏の支持者のジョン・ケネディ上院議員(共和)はCNNとのインタビューで、大統領が内部告発者を公に特定することが適切と思うかとの質問に対し、大統領のツイートを特に非難することはなかったものの、「法律に従うべきだと思う」とコメント。大統領がツイートをもう少し減らすようホワイトハウスに以前提言したことを明らかにした上で、「大統領は私のアドバイスを聞き入れる必要はなく、私も期待していない」と語った。

原題:
Trump Faces Blowback for Outing Alleged Whistle-Blower Online(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE