コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数、10月以降最大の下げ-ユーロは大幅上昇

27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ドル指数は10月以降最大の下げ幅で、今年最後の金曜日を終えた。ユーロは8月以降最大の値上がり。スイス・フランはドルに対し、月間ベースでほぼ2年ぶりの大幅高となった。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、ニューヨーク時間午後4時現在で0.4%下落。下げ幅は10月11日以降で最大。週間では0.5%下げた。月間で1.1%下げ、年初来の上昇分を消した。この日のドルは主要10通貨すべてに対して下落
    • ショーン・オズボーン氏らスコシアバンクのチーフ外為ストラテジストは、主要国の統計や中央銀行当局者のスピーチがないと指摘し、「市場ではリスクオンのムードが続く可能性が高い状況であり、イベントリスクは極めて限定的だ」と顧客リポートで分析
  • ドルは対スイス・フランで一時0.8%下げ、8月26日以来の安値
  • ユーロは対ドルで0.7%高い1.1173ドル。週間では0.9%の値上がり。先週は0.4%下げていた
    • CIBCの北米外国為替戦略責任者ビパン・ライ氏は、「持続的に上値を追っていけるかどうかは、1.12ドルの水準を断定的に上抜ける勢い次第だ」と顧客リポートで指摘
  • ドルは対円で0.2%安の109円45銭
    • 分析モデルに基づくと、月末のリバランスの影響はドルにネガティブとなる一方、円が最も支援を受ける見通し

原題:Dollar Falls Most Since October; Euro Surges: Inside G-10(抜粋)

      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE