コンテンツにスキップする

銀行の人員削減数は今年7.8万人、15年以降で最多-欧州が大半占める

A man walks along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE).
A man walks along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE). Photographer: Michael Nagle
A man walks along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE).
Photographer: Michael Nagle

減速する景気やデジタル化への対応で世界的に銀行のコスト削減が進み、今年これまでに明らかにされた銀行の人員削減数は過去4年間で最多に上った。

  銀行の提出文書や労働組合の発表によると、50行を超える銀行が今年打ち出した人員削減計画は合計で7万7780人と、2015年の9万1448人以来の高水準。マイナス金利の負担が長期化しそうな欧州の銀行が全体の約82%を占める。

Banker Cull

Job cut plans announced by banks this year are at the highest since 2015

Source: Company filings, labor unions

  これにより19年を含めた直近の6年間で人員削減数は42万5000人余りに達したが、非公表で人員削減を行う銀行も多いことから実際はこれを上回るとみられる。事情に詳しい関係者によると、モルガン・スタンレーは年末の効率化を推進する一環として1500人前後を削減する。

Job Losses

European banks have disclosed the higher number of targeted job cuts

Source: Company filings in 2019

原題:
Banks Set for Biggest Job Cull Since 2015 as Morgan Stanley Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE