コンテンツにスキップする

日韓慰安婦合意、「違憲性判断の対象でない」と韓国憲法裁-聯合

更新日時

慰安婦問題を巡る日韓両政府間の2015年の合意が憲法違反に当たるとの訴えに対し、韓国の憲法裁判所は27日、「違憲性判断の対象でない」として退けた。聯合ニュースが伝えた。

  日韓両政府は15年末、慰安婦問題について、日本政府が10億円を拠出した「和解・癒やし財団」の設立を柱とする「最終的かつ不可逆的」な合意に達したと発表した。

  だが、元慰安婦らの意見が排除されたことなどを理由に韓国では国民の多くが反対し、合意が権利を侵害し、憲法違反に当たると主張する元慰安婦や遺族らが憲法裁に訴えを起こしていた。

    原題:S. Korea Court: Comfort Women Deal Not Subject to Review: Yonhap(抜粋)

      (背景などを追加して更新します)
        最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE