コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】12月に好転、テスラに追い風か、アナリスト採用

更新日時

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 中国経済、12月に持ち直す-早期公表の指数が8カ月ぶり改善示す
  • 中国証券会社のアナリスト数、過去最高-世界的な縮小の中で採用拡大
  • テスラの中国製「モデル3」、購入税免除対象に-さらなる追い風か
  • テスラ、中国の銀行から約1760億円の融資確保を確認-上海工場向けに
  • 野村の永井CEO:大規模コスト削減は今後も必至、タオル絞りきれず
  • 太陽誘電社長、20年のMLCC需要増を予測-中国の5G投資追い風
  • 【日本インサイト】訪日外国人数は来年増加へ-政府目標には届かず
  • 中国、労働力の流動化図る-成長鈍化に対応し戸籍制度の制約緩和
  • 今年大幅高の中国酒造株、親会社が省政府企業に移管-8900億円相当
  • 中国工業利益、11月は増加に転じる-生産・販売回復など寄与
  • 香港ドル1週間物HIBORが上昇-2008年以来の高水準
  • 香港のデモ隊、ショッピングモール狙う-週末にも集会を計画
  • ティファニー、ホリデーシーズンの売上高回復-中国が好調
  • 中国初の国産空母「山東」、台湾海峡を航行-台湾は来月に総統選
  • 中国、金融サービスの改善求める-貿易促進で
(中国製テスラ車購入税免除の記事などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE