コンテンツにスキップする
Photographer: Jason Alden/Bloomberg
cojp

アマゾン、年末商戦販売が記録更新-S&P500種で値上がり率1位

  • 新たに500万人が「プライム」の無料体験開始あるいは有料会員に
  • 年末商戦の米オンライン販売は前年比で約19%増加-マスターカード
Automated robots carry items at an Amazon.com Inc. fulfilment center.
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

26日の米株式市場でアマゾン・ドット・コムは急伸し、S&P500種株価指数の構成銘柄で値上がり率1位となった。同社はこの日、今年の年末商戦の販売が「記録を更新」したことを明らかにした。

  アマゾンの発表資料によると、世界で新たに500万人が「プライム」サービスの無料体験を開始あるいは有料会員として加わった。当日あるいは翌日配達された商品の数は昨年のホリデーシーズンの4倍となった。また、アマゾンのサイトに出品している独立系の第3者業者が販売した商品は10億を超えた。

  アマゾンの株価は4.5%高で終了。クリスマス翌日の取引で出来高は薄かった。ノートストロムやメーシーズ、JCペニーなど百貨店銘柄も値上がりした。

  アマゾンは具体的な売上額を明らかにしなかったが、オンラインを中心に今年の買い物傾向が勢いづいていることを裏付けた。

  11月1日から12月24日までの販売を集計したマスターカード・スペンディング・パルスのデータによれば、米国内のオンライン販売は前年比で約19%伸びた。これはホリデーシーズンの全体の売り上げの伸び(3.4%)の5倍余りだ。マスターカードによると、オンライン販売はホリデーシーズンの小売売上高の15%近くを占めるようになった。

Amazon ends 2019 on higher note after lumpy year

原題:
Amazon Leads S&P 500 After Reporting ‘Record’ Holiday Sales (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE